タクシー運転手ですこんにちわ!是非見てってください。


by ew2wm3f3ex
 裁判員制度の違憲性が争点となった刑事裁判の控訴審判決が22日、東京高裁であり、小西秀宣裁判長は「裁判員制度は憲法上の要請に沿うもので、刑事被告人の権利を侵害するものではない」との判断を示し、被告側控訴を棄却した。同制度を合憲と判断した判決は、全国初とみられる。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
6割「司法、より身近に」=参加意欲は横ばい
裁判員判決、自衛官に有罪=先輩隊員を銃剣で切り付け
裁判員対象除外を申請=暴力団幹部の爆発物事件
元団体役員に懲役7年=長女殺害で裁判員判決

<火山噴火>成田も欧州便の欠航拡大(毎日新聞)
<中期財政運営>閣僚委開く 財政目標への議論をスタート(毎日新聞)
介護支援ボランティア制度開始、県内初―福岡県篠栗町(医療介護CBニュース)
<全国町村会>新会長に藤原・長野県川上村長を選出(毎日新聞)
橋下知事「大阪市長を政治的に徹底的に攻撃する」(産経新聞)
[PR]
# by ew2wm3f3ex | 2010-04-27 12:38
 「たちあがれ日本」の園田博之幹事長は17日午前、読売テレビの番組で、郵政民営化見直しについて「(民営化の)原則は変えない。日本全国の住民がどなたも不便にならないような方法がほかにないのかという見直しはするが、保険、貯金の完全民営化は絶対に守らないといけない」と述べ、党としてゆうちょ銀行とかんぽ生命の完全民営化の方針は維持する方針を明らかにした。

 園田氏はこの方針について、郵政民営化に反対していた平沼赳夫代表も「理解し、賛成してくれている」と述べた。

【関連記事】
「たちあがれ日本」がネットで好評?
略称「日本」で波紋 後発の「たちあがれ」に「新党日本」が反発 
井上氏、たちあがれ日本は「参院選に影響なし」
石原知事「大事なことはストップ・ザ・民主」
「衆参ダブル選の可能性高い」と石破氏 「たちあがれ日本」との連携も模索
外国人地方参政権問題に一石

放送ジャーナリストのばばこういち氏死去(時事通信)
総人口、過去最大の減少=女性は初の自然減−総務省推計(時事通信)
競争激しい旧試験(産経新聞)
「新ねじれ」の実現で参院選後は政界再編?(産経新聞)
<訃報>佐田登志夫さん84歳=東京大名誉教授(毎日新聞)
[PR]
# by ew2wm3f3ex | 2010-04-22 21:59
 自民党の舛添要一前厚生労働相は19日午後、福岡市で講演し、自身が橋下徹大阪府知事や東国原英夫宮崎県知事と接触したことについて「(二人とは)新党の話なんて『し』の字もしていない。知事と一緒になっても新党なんてできない」と述べ、新党結成に向けた動きとの見方を否定した。
 自民党内では、執行部批判を繰り返す舛添氏への批判が高まっているが、同氏は「私は一言も自民党の悪口を言っていない。党内で私がつるし上げられる理由はない」と反論。「日本をどう立て直すのか提言することがなぜ悪いのか。徳島県にわざわざ選挙応援に行ったのは私だ。先頭に立って自民党が勝つために戦っている」と強調した。 

【関連ニュース】
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

宇宙飛行士候補 訓練中の3人が会見「すぐ行きたい」(毎日新聞)
みんなの党、参院選目標10議席以上(読売新聞)
1歳児死亡虐待か 大阪・堺 母親通報、頭に内出血(産経新聞)
過労死控訴 障害を考慮し労災を認定 名古屋高裁が判決(毎日新聞)
運転士「快速と錯覚」駅300メートル過ぎ急制動 JR奈良線(産経新聞)
[PR]
# by ew2wm3f3ex | 2010-04-20 11:15
 無所属の平沼赳夫・元経済産業相と自民党に離党届を提出した与謝野馨・元財務相らが結成を目指す新党について、6日午前の閣議後の記者会見で、閣僚から冷ややかな声が相次いだ。

 菅副総理は「与謝野さんは比較的リベラルな人だと思うが、平沼さんはちょっと違う路線じゃないか。一緒になるのは大変だろう」と指摘した。昨年秋、平沼氏との合流を模索した亀井郵政改革相も「(平沼氏とは)郵政民営化反対で同一歩調をとってきたし、お互いに積極財政派でもあったから、与謝野さんとは逆の立場だ。きょとーんとしている」と皮肉った。

 前原国土交通相は新党との連携を否定したうえで、「これから恐らく雨後の竹の子のように新党が出来てくるのではないか」と述べ、参院選前に政界が流動化する可能性を指摘した。

 自民党離党組の北沢防衛相は「自民党との決別の総括はしっかりやるべきで、求めるべき国の形がはっきりしないと新党運動はなかなか成功しない」と述べた。

「衝撃音なく気づかなかった」ひき逃げ容疑の男逮捕(産経新聞)
<総務省>山田、中田氏が顧問辞任(毎日新聞)
対北朝鮮制裁1年延長、拉致問題へ消極姿勢で(読売新聞)
「レセプト査定率」の支部間格差、厚労省が実態調査へ(医療介護CBニュース)
収納ケース内女性遺体 殺人容疑で女を再逮捕「殺していない」(産経新聞)
[PR]
# by ew2wm3f3ex | 2010-04-13 21:43
 共産党の市田忠義書記局長は5日の記者会見で、与謝野馨元財務相や平沼赳夫元経済産業相らによる新党構想について「沈没しかけた泥舟から早く飛び出そうという感じで、顔触れを見ると憲法改正と消費税増税という最悪のコンビだ。新党どころか旧党のような印象で、新しさは全く感じない」と述べた。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

飲酒運転、免許再取得に「日記」義務化へ(読売新聞)
<パワーウインドー>11カ月女児が指切断…3月に都内で(毎日新聞)
「減速義務なかった」自動車運転致死に無罪(読売新聞)
高齢者の個人情報、区民に提供―中野区が孤独死問題で初の条例化へ(医療介護CBニュース)
上方漫才大賞に中川家(時事通信)
[PR]
# by ew2wm3f3ex | 2010-04-08 20:35